夢中。

何かに夢中になれる自分を大事にしよう。


夢中から生まれる宇宙を信じていよう。


記号化されない、誤魔化されない自分自身を強くもとう。


そんな僕は今日も夢中で。


ふと我にかえって、「ああ、よかった」と思うのだ。

いまこの瞬間に。

ガツンと自分に突き付ける。


何の前触れもなく、いまこの瞬間に。


バランスがいくら大事だからって、そういうダイナミクスを失っては、ダメだね。


いまの「音楽」は面白くもあり、一方でつまらなくもある。


いま自分がもしも誰かの作ったフォーマットの上を歩いているなら、今すぐ抜け出せ。


そして、どこにも落っこちないように塀の上を歩くんだ。


自分をどっかに当てはめようとしないこと。


今までも、天然でそれだけは避けて来れたような気がするな。


危ういときはあったけど。


出なきゃ、本当に音を楽しむことなんかできない。


思いっきりぶつけてやるんだ、いまこの瞬間に。

一杯170円のcoffeeは。

攻めの「企み」。守りの「企み」。


どうせやるなら、前者でしょう。


あとは「はずしても、どこへでも行けるぞ」とか、むしろ「しくった!やった!」って思えるのが、本当の自己防衛だよな~って、思ったりしています。


だから、いつも「そのとき」じゃ、遅いのね。


頭も体も瞬時に反応できなきゃ。


なんつって、おいらはまだまだ未熟者。


その辺りの力は、いつでも研ぎ澄ましておかなきゃいけません。


そんな僕は来るべき日に備え、あーだこーだと作戦を練る日々。


こないだのミーティングでも思ったんだけど、一人じゃないって、いいもんです。


「いま」思いついたことをダイレクトに伝えあえる。


そんな相手とか、環境とかって、ありそうでなかなかないよ、実際は。


例えば、そんな相手とカフェでの飲む一杯170円のcoffeeはその何十倍もの価値があると思うんだ。


でも、結局のところ何においても打算じゃダメで、必要なのはただただ直感なんだよね。


まっ、だから難しいのさ。


考えないために考える、というようなことで…。


そんなわけで、少し先には直感的ドラマーの最先端を走っていたいもんだな。


と、ふと思いました。


だらだら綴って、結局何が言いたかったのか…(笑)

そのままにしなければ。

忘れるな。


いま君が抱いている劣等感こそ、いつか君の最大の武器になることを。


そのままにしなければ、きっと君は一番になれる。


2008年、俺、やったる。

『好き』を貫くために。

『好き』を貫くために、まずは体ごとのめり込むんだ。


やったらやった分だけ、次にやるべきことが見えてくる。光りも。


だから「とにかくやってみ」って、いつでも自分に言い聞かせてやる。


必ず、たどり着いてみせるよ。


未開の地に踏み入れたみたいに毎日わくわくする。


さぁインプットいんぷっと。

インとアウト。

まだまだインプットが足りないと思う。


日々駆け回る中、何かをインプットできる瞬間はできるだけ逃さないようにしているつもり。


だけど、自分を『目指す頂』に到達させるためには、もう少し無理やり詰め込んでもいいかもしれないと、最近思いなおしている。


それからアウトプットは小出しにせず、一回一回出し切ってこそ意味があると思う。


『どうしても出し切れない』・・・そんなときこそ自分が試されるのだが。


インとアウトのバランスはいつだって難しい。


でも、今より前に進むためにはそれを繰り返していくしかない。


しかも、できるだけダイナミックに。


今年、一番大きなアウトプットは6月29日。インプットはそれまでの過程。


当然、そこから先はそれ以上を目指すことになるわけだけど・・・。


まぁ当日は、あとのことなんて考えないし、考える余裕もないけどね(笑)


ちょっとでも、周りのいろんなことをよくしていけるとしたら、自分がよくなっていくしかない。


やるべきこと、できることって、結局のとこそれだけだね。


オスッ、いっちょやったりましょう。


今日も音楽の時間、楽しもう。

一人で立ててこそ。

まずは自分一人で立ててこそ、そこにチームを作る意味があると思う。


今年の僕は足りなかったものを補うために、急速に力をつけなければならなかった。


今もまだその真っ最中だけど。


ここから先はいつでも総力戦がいい。


いろんな人と仕掛けていくつもりだ。


みんなの個を強く押し出す大前提で、和を作れたなら、きっと向かうとこ敵なし。


個を強くするためにある側面では大事なことかもしれないけど、本当にいいものを創るためには、『競争』をしている場合じゃないね。


やるべきこと。いくべきとこ。その時々でちゃんと見極めなきゃ。


わかってないと見誤るよ。

ぶっちゃげ。

ひとーつ、ふたーつ、またここ最近は自分の夢、やりたいことの確認作業をしてます。


そして、実際やります。・・・やるっきゃない。


ぶっちゃげ、ナンバーワンにならなきゃ生き残れんよ、今の時代。


まぁちょっと極端な表現だけど、俺はそんくらいの気合いがあっていいと思う。


そんくらいの気合いが今の音楽シーンに充満していてほしいと思う。


自分一人じゃ何も出来ないことをわかった上で、それでも、自らあげてくつもりだよ。


やりきって、疲れきって、突き抜けろ。


転んでもタダじゃ起きない。転ぶことを恐れない。そんな生き方を。

今までもそう、そして、これからも。

高い芸術性を忘れなければ、きっと大丈夫。


改まるけど、そんな風に思う今日この頃。


他人のしていることをやれアートだとか、アートじゃないとか、批評家になるつもりもないし、自分のやっていることをこれがアートだ、と鼻にかけるでもなく、ただただ純粋に自分が「いい!」と思える音楽を「いい!」仲間たちと創りあげていきたい。


その姿勢を貫いていくことで、僕は間違いなく向かうべき方角へ導かれていくと思う。


今までもそう、そして、これからも。


そのために自分を磨き続ける事って、ほんと楽しいもんだよ。


今年中にやりたいことはいくつかあって、2008年後半戦はさらに攻めたい。


「やれちゃうのかな、やっちゃうのかな?」といまかなりのことを妄想中。


前は自分の中で単体だった「音楽」という文化が、自らの「生」と直結していくのを感じつつ、生きているうちにやるべきことが少しずつ見えてきたような気もします。


結局のところ、みんな今年勝負でしょ?


ほら、だから今こそエナジーを感じる場所で生きていこうぜ!

いい人生を送るために。

いい人生を送るためにどうしたらいいかって?


いますぐ何かを始めることだ。


言い訳してるひとは言い訳をやめることから、始めればいいんだよ。


なんつって。


俺、もっと頑張るんだ。


自ら波に乗れ。みんなをそこへ連れ出すために。


その絶妙なバランス感覚は、きっと周りの人々を魅了する。


気持ち、駆け上がるよ。

より以前の記事一覧

フォト

twitter

Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック